HIPPEの星空散策

日々の星屑をひろっていこう♪
このブログは http://harmonia-mundi.chu.jp/ のサイトの一部です

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2005.07.04 Monday

コンペの絵3/倉庫絵2枚アップ!

lコンペの絵
illustration by HIPPE
(★`▽´)y-°°よかったら他のイラストも見てくださいな♪→天上の音楽
このイラストの著作権はHIPPEが保持しております。無許可使用・転載を禁止します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
倉庫の絵を2枚アップしました♪
上の画像はコンペの絵で、イメージは「風になる」です。
(絵の一部分を切り取ってアップしてあります。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
イメージは「風になる」…のコンペの絵について

続きを読む >>
2005.05.28 Saturday

ペレアスとメリザンド:メーテルリンク

「ペレアスとメリザンド」を描きました。
ペレアスとメリザンド/illustration by HIPPE
(★`▽´)y-°°よかったら他のイラストも見てくださいな♪→天上の音楽
このイラストの著作権はHIPPEが保持しております。無許可使用・転載を禁止します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
…塔から身を乗り出すメリザンドの髪が、手の届かぬ塔の下で彼女を慕うペレアスにふりそそぐ…
自分はこの場面が好きですね!
この塔の上と下にいるペレアスとメリザンド。その心も然り。同じ場所にいるのに遠い…
この二人の距離感がまさしくこの戯曲、「ペレアスとメリザンド」を表しているように思いました…!
夢の様な言葉を紡ぐ二人の悲恋に飾られたロマンティックなお話です。

対訳 ペリアスとメリザンド
対訳 ペリアスとメリザンド
杉本 秀太郎, モリス メーテルリンク


2005.05.22 Sunday

秘本三国志:陳舜臣

三国志関連の本で最初に手にした本がこれでした。
父が持っていた本です。
この秘本三国志は、三国のどこか一つの国に特別贔屓目を使った表現がされていない様に感じました。
おまけに歴史の裏で蠢く駆け引きなんかも事細かに考察し展開されていて、他の三国志関連の書物と一風変わった雰囲気で味わえます!

これは自分の中で上位にランクするおススメの三国志本ですぜ〜♪

秘本三国志:全六巻 
↓下記は第一巻
秘本三国志 (1)
秘本三国志 (1)
陳 舜臣

2005.05.22 Sunday

天の羊:林完次

天の羊―星と月のフォトエッセイ
天の羊―星と月のフォトエッセイ
林 完次

美しい星空の写真と星の逸話が楽しめる本です!
Fantastic!!☆.。.:*・°
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・---−−−☆
ところで「天の羊」とは、羊飼いの民族であるカルデア人が使い親しんでいた言葉だと言われているようです。
彼らは夜毎、羊の番をしながら天に散らばる星々を「天の羊たち」と呼び、その星々の群れの中を戸惑うように逆行し、あるいは一定の方向に進行する惑星を「年老いた羊たち」と名づけて親密に接していたそうなのです。

自分はこのほのぼのとしたエピソードが好きで、「天の羊」という題には殊更に惹かれた覚えがあります。
なんかイイですよね。
紀元前3000年頃、チグリス・ユーフラテス両大河のほとりで夜な夜な天の羊に語りかけるカルデア人たち…素敵だなぁ。

▲top