HIPPEの星空散策

日々の星屑をひろっていこう♪
このブログは http://harmonia-mundi.chu.jp/ のサイトの一部です

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 資料メモ-本/El zodiaco | TOP | 愛知県図書館で資料集めてきた! >>

2006.10.19 Thursday

ヴァイオリン協奏曲第一番ト短調作品26第一楽章:ブルッフ/クラシック

ブルッフのヴァイオリン協奏曲第一番ト短調作品26第一楽章を
ちょっと前に聞いていたので紹介をば…。

この曲…とても感傷的で自分好みの曲です。
全体的にヴァイオリンがよく鳴いていて素晴しい!って思います。(意味不明?)
特にビリビリとくるのが、1〜2分辺りのヴァイオリンの泣き方と、
5〜6分辺りのオーケストラの捲し立て方です。もう、底抜けに堪りませんっ!
まず、1〜2分の所…
このヴァイオリンの泣き方の辛そうなこと!それでいて鮮明で華やか。
動きも繊細な動きと大胆な動きが交互に組み込まれて非常に印象的。
そして、5〜6分位の所ですが…
何ですかね、この凄まじい風景は!
ヴァイオリンを取り巻くオーケストラの激しい追い風!!
ヴァイオリンはまるで荒れる海に浮かぶ裸の心…
やっと海面に出れたと思えば激しく波に打ち付けられ海に飲みこまれ…
頑張って這い上がればまた沈みの繰り返し…
激しい荒波の世の中と戦う小さなたった一つの心、いのち?のような。

あとこれの第三楽章も好きです。いいですよ〜♪

このヴァイオリン協奏曲の作曲家であるブルッフの作品は、
ナチス時代に上映禁止となったそうで、あまり残っていないようです。
まだ、お聞きになられていない人に是非とも!と、お薦めの曲ですヨ!
そうですね、特に
ヴァイオリンが好きな人、短調の曲が好きな人、激しい曲が好きな人
に一押しです♪

ブルッフ&ラロ:VN協奏曲集
ブルッフ&ラロ:VN協奏曲集
メータ(ズービン), マッケラス(チャールズ), ズーカーマン(ピンカス), ロスアンジェルス・フィルハーモニック, ロンドン交響楽団, ブルッフ, ラロ, ヴュータン

コメント

はじめまして

>ヴァイオリンが好きな人、短調の曲が好きな人、激しい曲が好きな人

私は「ギターが好きな人、短調の曲が好きな人、激しい曲が好きな人」ですが、この曲は大好きです。特に、ご指摘の

>1〜2分辺りのヴァイオリンの泣き方と、
>5〜6分辺りのオーケストラの捲し立て方

は全く同感です。

もっと多くの人に聴いてもらいたいですね。
2007/04/15 9:32 PM by チャーリー432
>>チャーリー432さん
はじめまして、コメント有難うございます!!
>1〜2分辺りのヴァイオリンの泣き方と、
>5〜6分辺りのオーケストラの捲し立て方
この辺り、いいですよね…!感傷的で、情熱的で切ない…。
特に特別なことではないとしても共感出来る方がいるって知る事が出来て嬉しいです。

>もっと多くの人に聴いてもらいたいですね。
本当に。
こんな素敵な曲があるよって伝えたいです。
2007/04/15 11:51 PM by HIPPE

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://stargazer.harmonia-mundi.chu.jp/trackback/533599

トラックバック

ブルッフ 〜 ヴァイオリン協奏曲第1番ト単調
 私の所有するアン・アキコ・マイヤーズ(ヴァイオリン)、クリストファー・シーマン(指揮)、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団演奏のこのCDは、バーバーのヴァイオリン協奏曲とのカップリングです。 「弦楽のためのア
(徒然 2007/04/15 9:43 PM)

▲top